鳳舞桜のカラシソバ。

今日は京都市内の御所の少し西で、ちぐはぐが酷すぎる板石の補修のお仕事。 細かい所言い出すと全て据えかえる事になるので、今回は酷く気になる所や足に引っかかる所だけに絞って補修する。 古材の石は慣れてていいね。 触ってても角の取れた感じとか人が歩…

宇治市内での剪定のお仕事。

今日も宇治市内で剪定のお仕事。 剪定に数日かかる少し大きいお宅があって、自分ひとりだけで剪定するには日程的に少し厳しい。。。 誰か助けてくれる人を探さないと と思い自分と同じ様に一人でやってる知り合いの庭師に「いつか空いてる日ありませんか?」…

見ている人は見ていはるんですねー。

今日は朝から所属している京都桃山ライオンズクラブでの川辺の清掃。 毎年この頃に川辺の清掃をさせて頂いているが、去年はコロナの影響で清掃も中止になった。。。去年清掃をしなかったからなのか、今年は色々と色々なゴミがとても多かった様に感じる。まで…

大きな倒木の伐採。

昨日今日と、滋賀県で倒木などの伐採作業。 幹の根本からポッキリと折れて倒れ、隣の敷地にある建物の屋根に乗っかかって いる状態。 こうしてる見ると分かりづらいけど樹高は10mはある。 人の体よりも全然太い幹。2人分くらい? 乗っかっている建物を傷…

良いお年を。

今日は伏見区内でお庭作りのお仕事。 ゆーっくりとしたペースでお庭作りをさせて頂いているお仕事の一つ。 奥様のご実家のお庭を作らせて頂いているのだけど、奥様普段はお仕事をなさっ ていてお忙しいのと特に慌ててらっしゃらないので、今年の夏くらいから…

自分の認識不足。

明日はお休みなんだけど、朝一番に薬剤散布に伺う。 先日剪定作業をさせて頂いたお客さんの所で認識不足というか、自分の理解の仕方が 甘かった。という事があった。 去年も一昨年も秋に剪定に伺った時に薬剤散布をさせて頂いたのだが、その時はお客 さんか…

みなしごハッチ。

先日剪定作業中にスズメバチの巣があったので作業を中断したお宅から、 「スズメバチの巣を駆除してもらいました!」とご連絡を頂いたので、剪定の 続きに伺ってきた。 巣があった柘植の生垣はぽっかっりと穴が開いていた。巣のカケラ?みたいなものも 残っ…

黄君、ありがとう!

帰ってきてから毎日剪定のお仕事。 有り難い。 旅行中も、チラシを見たと見積もり依頼のお電話を何件か頂いた。 宇治市の暮らしの便利帳に広告を載せているが、それを見た方からも一度 お庭を見に来て欲しいと、お電話を頂いた。 掲載して良かった!! 黄君…

麗しの大原へ。

今日は大原で剪定のお仕事。 植栽をさせて頂いたお客さんにご紹介頂いたお客さん。 お客さん同士は年齢は離れているが、とても仲のいいご近所さん。 現地に着いて車から降りると気温の違いに2人して驚く。 そして道路が濡れている。 「上着、持ってきてない…

1+1=2ではない。

今日は年間管理をさせて頂いている保育園で剪定のお仕事。 敷地が広いのとする事が多いので1人ではてんで進まない時は知り合いの庭師に 助けて貰っている。4mを超える高さの生垣を剪定するのに一人ではちょっと… なので2人で両面から剪定する。一人です…

伏見桃山。

伏見区内の桃山で剪定のお仕事。 桃山という地名はその名の通り、桃の木が沢山植わっていたそう。 大学の教授をされているお客さんがそうおっしゃっていたと思う。 今はその話を聞いても全く想像できない景色になっているし、この場所で桃の木を 見た事ない…

剪定ラッシュ。

昨日も今日も明日もしばらく剪定が続く。 植木屋さんなのに剪定が続くという言い方はおかしいのかな。 昨日今日は京都市内の修学院で剪定のお仕事。 修学院周辺は曼殊院や詩仙堂などがあるので、紅葉の季節になると交通量がめちゃ めちゃ多くなるのと人も多…

今日18本、明日2本。

昨日今日明日と、城陽市や久御山町、伏見区内の近くの町屋を幾つか回る。 目指す所とは少少し違うけど、街の植木屋さん ていう感じ。 毛虫と蜂と蛇を除けば平和な毎日。 蛇はレアだけど、ない事はない。 前に勤めていた時、お寺で石垣を積み直していたら小さ…

光の速さでタイヤ交換。

今日は長女の運動会。 なのでお仕事はお休み。 例年ならば0歳の次女たちも運動会があるらしいが、コロナでお休み。 何でもコロナで休止、休園、中止。 もううんざり。聞き飽きた。 ふとした疑問だが、この国で毎年自殺で命を絶つ人の死者数は毎年約2万人。…

何なら16万円。

今日は?今日も? 宇治市内で強剪定のお仕事。 ここのお宅はお見積りに伺った時、お庭にスズメバチが結構飛び回っていた ので尋ねてみると、自分が伺う少し前に駆除業者に巣を駆除してもらったす ぐ後だったというお宅。 スズメバチはあかん。 聞いてる限り…

2日かかる黒松。

今日と明日は城陽市内にあるお宅で松の剪定。 松以外にも幾つか庭木はあるけれども、殆ど松だけで2日かかる。 植木屋さんによって色々な形の作業の進め方がある。内容にもよるが、自分は2日 かけて伺う事も結構ある。バタバタして1日で終わらせてしまうよ…

空き家の剪定・除草などの作業。(分かり易い)

またまた分かり易いビフォーアフターの写真。 去年も作業をさせて頂いた、空き家のお庭の管理のお仕事。 何年振りかなのかは知らないけど、去年手を入れさせて頂いたから内容的には 去年と比べるとまだマシだったけど。。。 それでもやっぱり草の勢いが結構…

内容も、目的も、全てが違います。

気が付けば10日以上更新していなかった。。。 植栽に向けた庭づくりの準備と、剪定作業などの毎日。 例えば剪定や除草作業、伐採作業とモルタルなどの左官仕事は準備する道具や 資材が全く違ってくる。全ての道具が違う。 大変だけど面白い。 そしていいペ…

イラガ。

今日は伏見区内で剪定のお仕事。 樫の木を切っている時、チクリとした痛みを感じた。 この感じ。。。懐かしいなー なんて思っていると、いました。 イラガ。 よく見るといっぱいついている。 隣の木にも桜にも、紅葉にも。これから切ろうとしている木にイラ…

伐採前に見つけたスズメバチの巣。

今日は少し前のブログでも触れた大きくなり過ぎた黒松の伐採。 天気予報でも今日の天気はあまり良くなかったので、今朝の青空は いつもの青空よりも気持ちよく感じた。 でも雨予報なので天気が崩れるまでに高所作業は終わらせたい。 そんな気持ちでシートで…

お前は紙か。

毎日とは言わないけど、お見積りのお問い合わせをよく頂く。 そしてお見積りをさせて頂いて、お仕事をさせて頂いている場合が多い。 本当に有り難い。 未来のお客さまからのアクションがなければ何も始まらないのだから。 行動を起こして自分に連絡して下さ…

ずっと雨の3日間。

木曜日、金曜日、土曜日と隣の奈良県の天理の近くまで除草のお仕事。 3日間見事にずっと雨。 オレ、結構晴れ男なんだけどなーーーー。 自分が判断していいのなら間違いなく作業していなかったほどの雨。 といっても場所が遠いので連日夕方まで現場にいる訳…

超わかり易い before after

お盆前後の続いた長雨で予定が狂い、しばらく待って頂く事になったお宅。 ありがとうございます。 これほど分かり易い before after ありますか?? google map に写っている、荒れる前の樹形も大概おかしかったけど、最期の剪定から 4年程空いているので、…

可愛い顔して実は侵略的外来種。

お盆前から2週間程続いた雨の多い天気の影響でパタパタしている。 天気の事なのでどうしようもないし、仕方がない。 ずっとこんな考え方だった訳じゃない。 この仕事をしてから、いつの間にかこういう考え方に変わっていたのだと思う。 今日は宇治市内で剪…

夏の終わり。

お盆明けの昨日は京都市内で年間管理をさせて頂いているお宅へ。 家主のご家族のみなさんは普段は海外でお仕事も生活もなさっているので、 殆どお留守。だけどお庭などの管理で毎月一回は伺っている。 お庭というか、土の面積が広いので草とツルがすごい。 …

お庭も身体もメンテナンスは大事。

まだ幼生のチャドクガ様がいらっしゃるのはわかっていたので、 慎重かつ丁寧にゴミ袋に移動をさせて頂いたつもりだったし、完璧な作業だったはず。 だけど、、、夜、家に帰って体を掻いている時に気がついた。 アレ!? これってチャドクガじゃないの!?(…

就寝時間。

忙しくて? ではなく、自分の時間の使い方が下手でブログの更新が全然できてなかった。 反省。 生活リズムのあれで。。。 長女がずっとカミさんにべったりなので、自分が0歳の次女を寝かしつけている事が 多い。少し前までは8時に寝かしつけに2階に上がっ…

万歩計の数字!

お墓に剪定作業に伺っている日の万歩計の数字よ。 一般的な成人男性の歩幅を約60cmとして歩いた距離を計算すると、、、 11、483m !? 11km!? そんなに歩いた?? 確かに霊園内はとても広いので歩き疲れたけど、、、 仕事をさせて貰いながらこんなに…

今日から4日間。

毎年生垣の剪定をさせて頂いている。 京都市内にある霊園の境内でのお仕事。 お盆前の、8月に入る直前の、平日。 これだ。 3年間手入れをさせて頂いて、これがお参りにいらっしゃった方にもご迷惑を掛けない 、かつ剪定して間もない綺麗な植木を楽しんで頂…

殺虫剤を掛け過ぎた槙の木。

毎年年末にお庭の手入れに伺っているお客さんからお電話があった。 少し前の松の霜焼けの時もそうだったけど、季節外れのお電話は、、、 あまりいい内容ではない事が多い気がする。 予感は当たっていて、、、 大事になさっている槙の木に、 ある日カナブンが…