現場の下見とお見積り。

最近は外構工事をしたり、庭木の剪定をさせてもらったり。

 

昨日は大阪の樟葉という所まで外構の下見に行ってきた。

予算のない現場なんて、ないのは分かっている。

常に予算があっての施工になる。

 

このお宅も初めに聞いていた予算の金額だけでいくと決して安くはない金額。

だけど実際見に行ってみると...

 

かなり大変な予想。大変だと思われる。

というか、家本体の工事をする前の、一番最初にやっとくべきだった事が全て残って

いた。今となっては家が建ってしまっているのでどうしようもないが、機械が使えないので、多くが手作業になってしまう。物理的に可能、不可能という事もあるけど、基本的には機械は省力化の為とコスト削減の為使う物なので、それが使えないとなると人件費が嵩み、結果として高いものとなる。

庭のお仕事や外構工事に限らず、施工する順番と順序を間違えるとエラい事になる。

今回見させてもらった現場がまさにそれ。

 

見積りを させて貰ったが、工務店?の方との金額の差は結構大きいし、希望額を大幅に上回っている。擁壁工事やブロック解体、ブロック施工、土留め工事など、しなければならない施工内容は決まっているからどうする事も出来ない。

もしよろしければ、と一言添えておいた。

 

明日は伐採と剪定のお仕事。

 

 

去年お客さんのお宅に植栽をさせてもらった時に余った1株をウチにも植えた。

去年はあまり花を付けなかったけど、今年はシバザクラが綺麗に花を咲かせている。

お客さんの所のシバザクラも満開で、もう既に花壇から零れ落ちそうな程広がっていた。とってもいい感じになってきた。きっと家に帰るのが楽しくなるだろうと、勝手

に思っているけどそうであればいいなー。

地域情報誌からのお客さん。

 一昨日は初めてのお客さんのお家で、剪定や枯れ木の伐根。

昨日も同じお客さんのお家で新たな植栽をさせて頂いた。

 

奥さんはお茶をなさってるとお聞きしたので、事前にお茶花をリストに挙げて

その中から、ワビスケヤマアジサイムラサキシキブを選んで頂いた。

 

お見積りではヤマアジサイの一般的な一株の価格を記載したけど、造園資材屋さんに

調達しに行ってヤマアジサイを選んでいた時、光って見えるのが一株だけあった(笑)

他のでもいいんだけど、あそこに植えるヤマアジサイはコレ!と

もぉ頭の中でイメージが出来上がってしまった…。

 

これを植えたい!!

いわゆる一目惚れ。

こうなると他のでの代替えは考えられないので、予算とかは関係なくなってしまう。

 

往々にしてこういう事はよくある。

当たり前だけど植木も人間と同じで、同じ木は2本としてなく、

出会った樹木は目の前にある唯一そこにしかない。

 

値段を見ると普通のヤマアジサイの6倍…。

一般的な金額でお見積りしたので、予算の6倍でもある。

マジかーーーーっ

 

 

 

風の通り道でもあり、日中はほぼ日が当たる、割と過酷な環境。

伐採したオリーブは去年の台風で幹が傾いたまんまになっていた。

年々自然の被害が大きくなってきているけど、元気に逞しく育って欲しい。

 

しんどくても辛くても、水が足りなくても多すぎても植物は声を発さない。

綺麗な花をつけてくれたり元気に伸び伸びとしている姿を見て、

「元気にしてるみたい。よかったー。」となるんだと思う。

だから、植栽をさせてもらったお宅へはまめに見に行くように心がけている。

 

なんか、まるで植木屋さんみたいな事を言っている

 

 

 

 

 

リピート。

今日は大きなキンモクセイを小さくしに京都市内のお客さん宅へ。

 

つい先日、部屋内の床を解体して土間を打たせてもらったお客さん。

「 実はあの人、庭屋さんなんです 」と工務店の方が話をしたら、じゃあキンモクセイもお願いして欲しい!と言って下さったみたい。

有り難いこっちゃです。

 

前に切ったのが3年ほど前らしく、今回も3年ほど切らなくてもいい様にバッサリと

切って欲しいと。

3年かどうかは分からないけど、かなり大胆にバッサリと切らせて頂いた。

 

 

ついでにお願いします。と

 

 

かなりしっかりした鉄のアングルの切断と撤去も頼まれた。

背丈が2.5m位の足があって、その上に1m x 4.5m 位のアングルが乗っていた。

細かく切断するのが邪魔臭いのでそのまま載せて鉄くず屋さんまで走った。

 

植木に限らず何でもします!(笑)

 

 

 

何ハラ?

以前に外構の一部と植栽をさせて貰ったお家で、外構のやり直しというか

作り替えの話が出ているので、現調に行ってきた。

 

建物も外構を含めた全体の雰囲気もクールでカッコいい。

何がどうしたんだろう??

 

お話を聞いていると、こういう事。

お家の周りに栗石が敷き詰めてある。

近隣の方から、

「 もし地震が起きたら接地している道路側に崩れてくるのではないのか? 」

と安全性を問われたとの事。

 

はっきりいって余計なお世話。

 

もしも~たらればの話。

自分が一番嫌いな話の類。

 

それを言い出したら、地震でずり落ちた屋根瓦が落ちてきて人に当たるかも知れないし、古いブロック塀が倒れてくるかも知れないし、少し高い所に置いてある植木鉢が落ちてきて人に当たるかも知れない。カーポートの屋根が剥がれて飛んで行って他の家に直撃するかも知れない。

 

分別なく何でも危ない危ないと、馬鹿の一つ覚えの様に騒いじゃって。

じゃあそれらの疑いのあるものを片っ端から撤去させていくのですか?

去年の台風の脅威を見たからといって、トタン屋根は全て撤去さすの?

屋根瓦がたくさん落ちたけど、危ないからといって全ての屋根瓦を撤去さすの?

 

そんな事をいったらキリがない。

 

もーねー、本当にウンザリする。

て、何に?

グローバルスタンダードで言うと、地震が発生する構造と原因はとても複雑で、一つの事象が起こったからそのまま地震が起きる訳ではない。もっと複雑で、地震が起きるには色んな出来事に起因する。分析をする事は自由だけど予測は不可能。というのが一般的な考え方。プレートの境い目や地殻の下を見た人が一人でもいるのか?

日本がやっているのは予知の様なもの。と言われる。

占い?

それに多額の国費をつぎ込み続けている。

地震予知に関連して、その分野で研究している人や携わっている人がたくさんいる。

それに乗っかった防災グッズも沢山販売されている。

れっきとしたビジネスの分野。

 

地震の危険性を過剰に煽って人にパニックを起こさせ、その様子をここぞとばかりに

伝えたいマスコミと、まんまとそれに乗せられている人たち。

 

 

施工していて危険だと感じる認識はなかった。問われるまでは。

平たく並べてある栗石が崩れ落ちるならば、それより前に鉄筋も入っていない垂直に積んである石垣や背の高いブロックの方が崩れると思うけど。

 

お客さんも大変だな。

新しく他所から来たから、昔からいる地の人とは上手くやっていかないと。

という考えはきっとあるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜祭り。

日曜日は自分が参加させてもらっている

京都桃山ライオンズクラブが主催する桜祭りがあった。

 

気温も天候も桜の咲き具合も申し分のない日だった。

家族3人で出掛けたかったけど、今年はどうしてもこのアクティビティに参加したかったから、カミさんとお嬢ちゃんには悪いと思いつつ、桜祭りに参加した。

 

 

f:id:niwashikanedaya:20190408213028j:plain

これは朝の8時前。

まだ始まる前に川沿いを1人ふらりと散歩している時に撮った写真。

歩いている人はまだ殆どいない。

 

静寂の中の満開の桜はとても艶やかで美しく感じる。

カメラワークは置いといて、対岸の酒蔵の建物と水面に映った景色が本当に綺麗。

 

8時過ぎから目印の旗を立てたりイベントの準備やゴミ箱の設置などを始める。

気が付けば桜祭りが始まる時間になっていた。

 

 

途中、一緒にいたクラブの先輩にこのお祭りの事を聞いた。

元々はこの川沿いには桜の木はもとより何もなく、荒れていたみたい。

「 何とかしたい。どげんかせんといかん。」

と思った先輩方は考え、ソメイヨシノユキヤナギを川沿いに植樹されたそう。

まだ幼木だったソメイヨシノが数年後に大きく成長したのを見て、桜祭りを開催しようじゃないか、となったそうです。

 

初めての桜祭りは知名度も低く、来場者もそんなに多くなかったそうですが、13回目

の日曜日はとても多くの人で賑わっていました。

 

何もなかった場所に植樹をする事から始めて、その場所でお祭りを開催するまで大きくするなんて、クラブの先輩方のアイデアと行動力に感動した。

 

十数年前のこの場所で、誰がこの事を想像できたんだろう?

 

地域の皆さんの協力と理解があったから成しえた事。

ボランティア活動の力の大きさと、幅の広さを実感した。

素晴らしい。

 

f:id:niwashikanedaya:20190408221819j:plain


お祭りが終わった夕方。

 

お昼過ぎから散り始めた。

桜吹雪になっている時もあった。

 

やっぱり風情があってよろしいなぁ。

 

 

 

また来年、梅の花の散る頃に!

昨日は剪定のお仕事。

去年に引き続き2年目のお宅。

柿、キンモクセイ、槙、フヨウ、レモン、サルスベリ、ツバキ、玉柘植、サツキ

コノテガシワの生垣など。

自分のお客さんの中では王道の方。

ここのお客さんはこだわりが一つだけあって、

「 コノテガシワの生垣は鋏で涼しげに透かして欲しい 」

去年初めて伺った時に最初にこれをおっしゃった。

かなり強い思いだとすぐに感じた。

 

前庭と裏庭があって、去年は裏庭から始めたから、今年は前庭から始める事にした。

つまり、コノテガシワの生垣から始める事にした。

自分が手入れをさせて頂くまでは刈込みだったらしいから、急にキツく枝を落とされて

びっくりしてもアレなので、去年は軽いめに鋏を入れた。

一年後、特にってる様子もなくとても元気だったので結構思い切って切った。

思ってはいても、お客さんの大義名分があるのとないのとでは全然違う。

奥さんはそれを望んでおられたのでかなり攻めさせてもらった。

こういう機会もそうそうない。

 

奥さんは花が大好きで、花が咲くのを何より楽しみになさっている。

掃除をしたい場所にシャガが2株だけ花芽を付けていた。

「 絶対に折らないでね 」

 

シャガはすぐに折れてしまう。花芽を折ってしまうリスクを冒すくらいなら

そこは掃除しないでおこう。という選択肢をとった。

 

ここの奥さんは掃除をピカピカにする事より、寒冷紗や落ちてきた剪定ゴミで花が

傷ついてしまわない様に配慮する方が大切。

 

ここテストにでるよーー!(笑)

 

 

最後の挨拶の時。

 

「 また来年。梅の花が散る頃に伺います 」

 

 

 

なんてお洒落な言い方だろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近隣にお住まいの方のご理解。

今日の仕事は土間のハツリ。

これだけ

 

今あるガレージの土間コンクリートをハツって砕いて何にもなくす。

ガレージの土間は車が乗るのでコンクリートが厚いめに打ってあるのと、割れるのを防ぐ為に中にワイヤーメッシュが入っている。

事が予想されるので、電気のハツリではなくコンプレッサーのハツリを借りて3人で

現場に向かう。

 

今日に限って言えば、もはや庭屋さんの面影は全くない。

 

土間の解体を始めると、思っていた通り土間の厚みがあるし、中にワイヤーメッシュが

入っている。コンプレッサーのハツリを借りてきてよかったー。

電気のハツリだと2日かかっても終わらないかも…。

 

仕事だから仕方ないけど、これは本当に申し訳ない程えげつない音がする。

作業の当事者は作業に夢中なのと、意識が目線の先に集中してるのでそれほどうるさくは感じない。うるさいけど、この作業をするにあたってはこの機械を使わなければできないし、うるさいとかうるさくないとかは不可抗力でどうする事もできない。

それに、すぐ目の前が爆音の発生源なのでマヒしてしまう。

でも作業に関係のない方達にとってはものすごく響く音だと思う。

 

仕事をしている中で色々な場所、シチュエーションがある。

広い所があれば狭い所もあったり、周りが賑やかな所もあれば閑静な住宅街もある。

音が抜ける場所と音が逃げにくい場所もある。

昼間しか作業できない所もあれば、夜間しか作業できない所もある。

作業内容によっては植木の剪定の様に音の出にくい作業もあれば、

機械や重機を使っての作業になれば大きな音がする時もある

高木の伐採や大きな石を吊り上げる時などは大きな車両を使う時もある。

近隣にお住まい方や現場の周りに対して、当然最大限の配慮はするが

致し方ない時は致し方ない。

そういう時は大きい目で見守って頂けると有り難いです。

 

何はともあれ、近隣のみなさまのご理解を頂いたお陰で今日の作業を無事に終える事

ができた。

あとはブロックを積んだり目隠しの柱を立てたり。

今日ほどの凄まじい音がする内容はもうないと思う。

 

ご迷惑をおかけしました!