いい時はいい。悪い時は悪い。

今日は雨なので、現場作業はお休み。

 

 

改めて、昨日庭工事が終わって本当に良かった。

最後の仕上げなので、雨上がりでも綺麗に収まりにくい所もある。

 

でも仕上げには水が必要で(どやねん!)

最後の仕上げには庭全体に水を撒く。

そうする事によって砂埃や細かい汚れが洗い流され、

庭を構成する物の輪郭がはっきりとして庭が引き締まる。

 

この雨が、全てを綺麗にしてくれるだろう。

自然の作用で仕上げてくれるなんて。。。

 

 

なんつって。 

 

 

 

 

 

資料を整理したり事務仕事をしたり、色々したり。

 

あれもこれもしようと思っていたけど、事務仕事をしている

自分は恐らくめっちゃ遅いと思う。その遅さに自分でもビビる。

なにが?!と聞かれると分からないけど、まとまっていないのに

机に向かって考えるとこから始まるからだと思う。

 

 

 

まだ少しだけど、新型ウィルスの影響が仕事にポツポツ出始めてきた。

この影響は避けられないし、どうしようもない。

 

 

このブログでも触れた3月頭の頃には予想もしなかった程、

世界中に広がって暴れまくっている。

 

一部の地域で流行っているウィルスで、その内収束するだろう、と思っていたと思う。恐らく世界中の多くの人が。

自分もそのうちの一人で、

「どっかのメガファーマがそのうち特効薬を見つけてくれる

だろう」と思っていた…

 

 

 

公共民間問わず、多くの人が集まる場での不要不急の全ての

イベントと人の集まりの中止に理解と支持をします。

 

 

 

観光業や飲食業の方たちの苦境は計り知れない。

ここまで来ると観光業と飲食業に限らず、全ての職種と業種の、全ての人達の生活を脅かす決定だと思う。

だが、これよって多くの人が亡くなっているし

国家が制限に乗り出さなければ、間違いなくさらに多くの人が

亡くなる結果になる。日本はオリンピック開催国だったので、

中止や延期になるのを避けたい、その影響を考えてアクション

が遅かったと思う程だ。

 

 

 

国家と首相の判断や自粛要請に、営業補償をしろとか、

損害賠償の話をしている人の神経がよくわからない。

どこまで自分の事しか考えてないのだろうか…

 

 

日常生活や仕事と収入、ローンの返済、各種の支払い、みんなそれぞれ

にそれぞれの事情があるだろう。もちろん庶民の自分もその一人。

 

 

 

だけど今はそれ以上に、

自分達がこのウィルス怯える事なく、今後も安心してこの場所で生きる為に今、この見えない敵に絶対に勝たなければならない。

 

 

感染経路も何もかもはっきりとわからない今、自分も含めた全ての人が一か月後にまだ生きている、という保障は、誰にもない。

 

 

 要するに そういう事だと思う。

 

 

それを考えれば日々の生活の不便さや不自由さや不安は、

知恵を絞って耐え忍ぶしかない。のかな。

 

 

 

全ては生きていてこそ、の話なのだ。

 

 

 

関連のない仕事をしている自分はこんなだけど、

自身の危険をも顧みずに作業されている医療機関の関係者の方には

本当に尊敬しかない。

 

 

一分一秒でも早く、ワクチンなり特効薬が開発される事を願います。

今日で終わり!

毎日ずっと現場に入っていた訳じゃないけど、

しばらく前からさせて頂いていた庭工事がようやく終わった!!

 

竹垣での目隠しを作ったり

竹を使ったしがらみを作らせて貰ったり、、、

今回の工事では色んな事をさせて頂いた。

 

f:id:niwashikanedaya:20200326212423j:plain

 

 

兎にも角にも、作業をしている日はいい天気の日ばかりでよかった。

 

基本的に土の面積が多いので、雨が降ってしまうとどうしようもない。

変に触る事はできない。

 

 

最終日の今日もいい天気でよかった!!

 

晴れの日があれば曇りも雨の日もある。

だけど、今日みたいな日はやっぱり晴れていてくれると助かる!

 

うまい具合に晴れは今日まで。

明日は割としっかりと雨が降るみたいなので、

連日の温暖な天気で乾燥気味だった植栽たちは大喜びだろうな(笑)

 

 

今週色々。

先週末から今週はちょっとした植栽工事をさせて頂いたり、

庭石の引き上げに行ったり、

チラシをポスティングしたり、

長らく続いた擁壁工事が完了したり。

 

先週は晴れてると思ったら急に雨が降り出してまた晴れたり

急に荒れ狂った様な天気になったりで、よく分からない天気

の日が多く、急な天候の変化に振り回された。

これも春が近づいている証拠なのかな。

 

 

まー、色々な内容の事があった一週間だった。

 

 

 

内容的にもう今週も終わったような書き方だけど、、、

 

 

明日は知り合いの竹職人の人の所へ、植栽や工事で使う青竹を

分けてもらいにいく。

 

時期的にもう最後の青竹かなー。

というか、この時期までまだ残っていたのが奇跡かも。

 

 

竹垣や井戸蓋、筧などに使われる天然の青竹は、だいたい

秋に伐採されたモノを使う。

自分達が使う竹は水を上げなくなってから伐採される。

 

今の様な水を上げている時期の竹は虫が食い易くダメになる

のが早いので、この時期の竹は基本的には使わない。

 

昔からの先人の知恵。

 

昔の人ってすごいねー

 

 

当たり前の事が当たり前にできる幸せ。

雨の一日。

 

 

いつもだいたい5時過ぎに目が覚める。

 

起きる時間はいつもと変わらない。

 

 

朝起きてから事務仕事を始める。

 

朝ご飯をみんなで食べ、今日は自分が娘を保育園に連れて行く。

 

いつもは知らない娘の顔が面白い。

ただ、送る人間がいつもと違うので、彼女が心のバランスを崩さない

様に様子を見守りながら慎重に、慎重に。

 

 

 

とても多感で敏感な時期。

 

言葉で上手く伝える事が出来ないからその歯がゆさもあるだろう。

 

伝えてこない = 何も思っていない  ではないと思う。

 

 

 

午前中に事務仕事を終え、雨が上がったら午後からチラシ配りに

出かけるつもりだったけど、この雨は上がりそうにない。

 

 

映画でも見に行きたいけど密室だしなー(笑)

 

 

こんな時はチラシ配りはまたにして、気持ちを切り替え、

松井山手にあるカフェに行く事にした。

 

開放的なカフェでコーヒーを飲みながらゆったりとした時間を過ごす。

 

贅沢な時間の使い方だね、コレ。

 

 

そーいえば

京都市内に住んでいる時はお気に入りのカフェや喫茶店があちこちに

あって、こんな時はよく本を持って行ったりぼーっとしに行ったり

最高のビールを飲みにいったりしていたなー。

 

雨に打たれて揺れる植栽の木を見ながら、なんて事もつらつらと思い出したりしながら、つい最近買った本を読み耽っていた。

 

 

平日の昼過ぎなのと新コロの影響でガラガラかと思っていたが、

以外にいっぱい。むしろ途中から満席になり、来たけど席が無くて

諦めて帰っていく人がいたほどだった。

 

 

多くの人は楽しそうに話している様にみえた。

全く普通の事なんだけど、こんな時期だからとてもいい事の様に思えた。

 

 

当たり前の事が当たり前にできるという幸せ。

 

当たり前だと思っていた事が実は当たり前ではなかったのか。

 

 

それはさておき、素敵な時間を過ごせたカフェに感謝!

いい天気過ぎる。

島根旅行から帰ってきてから、先週と今週は擁壁工事の仕事。

 

こんな仕事もするの??

 

yes,高須クリニック

 

家の周りに関わる事なら大方は。

 

今回の擁壁は土留めの擁壁。

似た様なモノで擁壁ブロックというのもあるけど、今回は擁壁。

何度も言うけど、基本的にブロックは好きじゃない。

 

 

 

今日は余った土を処分する為、ダンプカーに積んで走っての繰り返し。

 

いい天気だ。

いい天気過ぎる。

 

これなのに明日が雨予報なのがわからない。

 

明日雨なら現場は止めようかな。

工期みたいなものは一応あるけど、急いではいない。

 

それより、雨の日に土を触るのはあまり良くない。

雨の中こねくり回して膿んだ土は元の状態に戻りにくい。

 

 

 

明日は…雨だったら事務仕事で雨が上がったらチラシを配りに行こうかな

 

 

 

 

 

ずっと行きたかった所。

ずっと行きたかった出雲大社に初めて参拝に行ってきた。

 

そしていつか行ってみたかった足立美術館にも行ってきた。

 

 

前から行きたかった場所の一つだったけど昨年末、仕事の休憩時間に

年配の庭師から足立美術館の話を聞いたのがきっかけになった。

 

 

 

館内には2つのカフェがあって、

そのうちの1つの、間の造りにゆとりのあるカフェから見る庭園はまるで

絵の様な景色で、それはそれは素晴らしかったとおっしゃっていた。

 

コーヒーの値段は少し高かったけどその値打ちは十分にあったとも。

 

 

 

その話を聞いて猛烈に行きたくなった

 

コーヒーを飲みながら、そのカフェからの景色を見たくなった。

 

絶対に年が明けてから行こうと決めた。

 

 

そして先日、家族で島根県へ旅行に行ってきた。

 

 

 

足立美術館の館内にあるお目当てのカフェに入った。

店内から見える景色を見てお店の入口ですぐにこのカフェだと分かった。

入口にあるメニューにある価格からも、絶対にここのお店だ、

(これ以上高いコーヒーは恐らくない、という意味)と感じた。

 

最初の水を出して頂いてから5秒後に娘がそのコップを倒して

しまい、高そうなカーペットにコップの水全てをぶちまけてしまう

というアクシデントがあったけど。

 

 

そのカフェからの景色はとても素晴らしかった。

 

本当に絵の様な景色だった。

 

 

 

 

観光旅行なので他にも色々といったけど、人が居なさ過ぎて本当にどこもガラガラだったのが気になった。

 

人混みが嫌いな自分達にとっては人が少ないのは有り難かった。

島根県は初めてだったので分からないが、あまりにも人が少なすぎるの

だとすると、この状況が長く続いてしまうとそこに関わる人々の生活に及ぼす影響と、楽しませてもらった施設の存続に関わってくるのが心配になった。

 

 

 

 

目下のウィルスの広がりだけでなく、経済にも影響が出始めている。

物流の流れが急速に悪くなってきている。

材料の入荷が止まってきてる話も聞く。

 

 

滞在先のホテルで久しぶりにテレビを見た。

 

どこを見ても、マスコミもコメンテーターもこぞって政府の批判。

そしてさらなる不安を煽る報道一色。

 

しかない。

 

 

他の報道の仕方はないの?

 

 

真実を伝える事がメディアの役割なら、一方的で偏った目線だけじゃなく誰からも公平でなければならない。民間人と違って何をどれだけ言っても政府は文句を言わない。

だからといってそれをいい事に、みんな好き放題言い過ぎ。

 

 

批判しかしていない。

 

批判する事が自分達の役割だと思っているのだろうか?

批判したら人気が出ると思っているのか?

批判したら視聴率が取れると思っているのか??

 

 

今回に限らずいつだって、総理大臣の判断を、政府の判断を、よくやったと褒めているメディアは一つもない。

 

世界が直面している危機的状況。我が国も最前線で直面している国難

「みんなで協力してこの苦難を乗り越えよう!」となぜ言えないのか?!

「一日でも早く収束させ、世界中の人にオリンピックを観戦しに来てもらおう!」

と何故ならないのか?!

 

 

世界を見ても、そんな事すら言えない国は日本だけじゃないのか?

 

 

何故いつも足を引っ張って批判ばかりしているのか。

メディアは誰にとっても公平であるべきモノでしょうが。

 

自分達のフィルターを通した伝え方は情報操作にもなるし、

それは陽動にもなる。

 

 

 

たまにつけたらコレ。

 

だからテレビは見ない。

久々見たけど何も変わっていない。

やっぱり見る気にならない。

 

 

 

 

 

 

 

グチグチ愚痴。

今日は知り合いの所へお手伝いに。

現場仕事では共通してこれを応援と言う。

 

 

4tダンプに乗って、現場から処分場まで残土の運搬。

一日中なのだ。

 

 

これが結構大変。

 

車の運転は得意だけど、好きな方ではない。

 

一日中同じ体制で座りっぱなしはなかなか…

携帯電話を触ったり本を読んだりできない。(当たり前。)

 

赤信号で止まってはまた進み、また赤信号で止まる。

これの繰り返し。

そして目の前の状況は常に変化する。

これに対応しなければならない。(これも当たり前。)

 

 

そう、当たり前なんだけど、、、運転している間本当に何もできない!

いや、当たり前の事なんだけど、本当に何もできない。

 

 

これがとても不自由というか窮屈というか。

向いていないというか。

 

 

プロのドライバーに尊敬しかない。

 

 

 

 

京都の道は狭い。そして電柱が道路に張り出している所が多い。

 

邪魔でしかない。

 

 

電柱がなければ車同士の離合なんて何てことない道なんだけど、

電柱が道路に張り出しているが為に、すんなり離合できない。

 

電柱一本かわすのにお互い譲り合いをしないと前に進めない!

なんて邪魔臭いんだ!

そしてなんという時間の無駄!

 

 

そもそも電柱は前の戦争で焼け野原になった街に電気を通すのに 、

とりあえずの”仮” で電柱に電線を括り付けたのが元々だと聞いている。

 

そのとりあえずを放置し続けたのが今に至る訳だろう。

国も、地方自治体も、電力会社もこの ”とりあえず”を放置し続けた

から、今の様にどうにもならなくなってしまったのだ。

 

 

みんな自分の家の前に電柱があるのは嫌だ。

だから家と家の境界ラインに近い所にあったりする。

二階の窓を開けて電線が目の前にあるのも嫌だ。

台風や地震の自然災害にも弱いし、万一倒れた時には道路を封鎖して

緊急車両の通行さえも妨げてしまうだけでなく、感電の危険性もある。

街路樹は電柱と電柱の間に苦しそうに立っていて、電線を突き破って

上に伸びている。その見苦しい事極まりない。

 

 

そして何より、美しくない。

 

 

日本の空は汚いと言われる原因もここにある。
空は綺麗だけど、電柱と電線が景観を台無しにしている。
そして息苦しく感じる。
 
 
今更になって地中化なんて進めたくても簡単には進まないだろう。
とりあえずで放っておくからいけないのだ。
よほどの事がない限り、自分の生きてるうちは大きく変わらないだろう。
それは自分の様な素人目に考えてもすぐにわかる。
 
 

電柱と電線を維持し続けるメリットはどこにあるのか??

デメリットしかない様に思うけど??

 

 

世界の先進国の中で、電線の地中化がこんなにも進んでいない国は

日本だけだ。プロパガンダにも似た自画自賛でハッピーなテレビ番組

で溢れている。喜んでいるのはないも知らない無知な日本人だけだ。

 

 

 

ジャーナリストの竹村健一さんが昔テレビでおっしゃっていた。

「 世界の常識、日本の非常識 」と。

 

 

昔と何も変わっていない気がするな。

だから?じゃないけど、我が家はテレビは全然見ない。